カートの中身を見る
カートの中に商品はありません


Hello Baby


ママと赤ちゃんのスタートをサポートします!


店長ブログはこちら

ベビー用品レンタル
会社概要
赤ちゃんの成長のポイント
赤ちゃんの伝統行事
贈り物豆知識
リンク集1
リンク集2
サイトマップ
モバイル

携帯からもご覧いただけます。

6月のカレンダー
S
M
T
W
T
F
S
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
7月のカレンダー
S
M
T
W
T
F
S
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31


              《赤ちゃんの伝統行事》  



お父さん、お母さん、そして赤ちゃんのLongLifeがはじまります。

.やさしくフレッシュな気持ちで新生活をスタートしたいという皆さん、


.日本にはとってもハートフルで素敵な伝統行事があるのをご存知ですか?




‖喀砲

「古事記」にも記述のある「帯祝い」は相当」に古くから今に至る伝統です。

現在は妊娠5ヶ月目の犬の日(犬は安産・多産なので、これにあやかって)に、神社に御参りし、祈祷済みの帯を

購入してお腹に巻くというスタイルが一般的。

古くは、この儀式は嫁ぎ先で行われ、妊婦の実家からおくられた帯(正式には「岩田帯」)を使用したそうです。

腹帯を巻くこの儀式の目的は、「妊婦の腰痛や冷えを防ぐ」、「お腹の赤ちゃんを安定させる」など諸説あります。

△七夜

赤ちゃんが「人の子」として認められる、誕生から7日目の夜「お七夜」。この日に親しい人や親戚を招いて赤ちゃん

の誕生を祝い、名前のお披露目をします。

現在は略式で、半紙などに名前を書いて部屋に貼り、親族で食事をするスタイルが一般的。

正式には命名書をへその緒と一緒に神棚か床の間の備えて、赤飯、尾頭付きの鯛や鯉などを親族で囲んで祝います。

お宮参り

その土地の氏神様に、氏子として仲間入りを認めてもらう儀式。

生後30日前後の大安・晴天が重なった日(正式には男の子は31日、女の子は32日)に地元の神社に参拝し、お祓い

してもらいます。

古くからの慣習で男の子は黒羽二重の五つ紋付熨斗目模様、女の子は絵羽模様に五つ紋の祝着が正式とされます。

参列者は紋服を着用、お父さん側のおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこして行くという習わしがあります。



い食初め

生後100〜150日目に、「一生食べるものに困らないよに」と願って、お膳に並べた縁起の良い食べ物を食べさせる

マネをする儀式。

お膳に並べるのは、尾頭付きの魚(鯛など)、赤飯、蛤、鯛、鯉などのすまし汁、煮物、そして歯固めの小石を

3個そえます。

食べさせるマネをするとき、「飯⇒汁⇒飯⇒魚⇒飯」の順に3回繰り返すのが伝統です。

このとき箸を取るのは、長寿にあやかるという意味で、祖父母や親戚の中で最高齢者の役目とされてきました。

次に箸を小石に触れさせ、その箸を赤ちゃんの歯茎に当てます。

これは石のように丈夫な歯が生えるようにという意味から。



ソ蘋箒

生まれてから最初の、3月3日「桃の節句」(女の子)、5月5日「端午の節句」(男の子)を初節句といいます。

季節の変わり目であるこの季節に、神様にお供え物をし、無病息災を祈願する習慣が昔からありました。

初節句にはお母さん側の実家から、桃の節句のは雛人形を、端午の節句には鯉のぼりや武者人形を贈るのが

古くからのしきたり。

桃の節句にはちらし寿司・蛤のお吸い物・雛あられを、端午の節句にはちまきや柏餅を食べるのが一般的です。

初誕生日

生後初めての誕生日を「初誕生日」と呼び、盛大にお祝いする伝統があります。

初誕生日は「特別なもの」と考えられ、「神聖なもの」であるお餅つく習慣が、地域によっては今も健在。

そしてそのお餅を赤ちゃんに背負わせたり、ふませたり。

また、早い時期に歩き始めた子は「将来家を離れる」という言い伝えがあるため、わざとお餅ぶつけて転ばせる

という、なんとも珍しい習わしまであります。

このお餅を「力餅」、「立ち餅」と呼ぶこともあり、将来自分自身で人生を切り開く強い子になってほしいとい

う意味がこめらているのだとか。

今はバースデーケーキとご馳走をたべるのが定番ですが、特別な初誕生日には、ほかの料理に小さなかわいい

お餅を添えてあげてみては?



赤ちゃんの最初の1年間の大まかなイベントはひとまずこれで終了です。

.でも子供の成長はまだまだ始まったばかり。


.この先も保育園・幼稚園入園、七五三、小学校入学…と年を重ねるごとにイベントは続いていきます。

.日々お子さんの成長を見守りましょう。


当サイトはヤフーカテゴリ

登録サイトです。